iPhoneの強み

日本で販売されているスマートフォンは、大きく2種類に分けることができます。ひとつはアップル社のiOSを搭載したiPhone、もう一つはグーグル社が開発したAndroidを搭載したアンドロイド携帯です。ここでは、その理由とそれぞれの強み、弱みについて考えます。

iPhoneも初代発売から10年が経ち、進化を続けてきました。特にiPhone6の登場以来、アンドロイド携帯ではできないことがiPhoneでできるようになり、シフトする人が増えています。よく言われるのはバッテリーの持ち。最近ではアンドロイド携帯でもバッテリーの持ちが良くなってきたと言われていますが、やはりバッテリー節約機能はiPhoneならではの部分があります。iPhone5s以降の機種では、画面を下にして置くとそれを認識するフェイスダウンモードが搭載されており、通知がきても画面がオンになることがありません。これはバッテリー節約につながります。

また、iPhone7は持ち上げると自動的にロックが解除されるという手間いらずです。iPhone5s以降では指紋認証機能が搭載されているのも人気の理由。アンドロイド携帯でも指紋認証機能がついているものもありますが、iPhone6s以降の指紋認証の速度にはかないません さらに、画面での操作性能については、iPhoneの方がアンドロイド携帯よりも滑らかだと感じる人が多いです。アンドロイド携帯からiPhoneにシフトする人が増えているのには、このような理由があると考えられます。

一方で、アンドロイド携帯の強みはいろいろなメーカーから発売されているため、選択肢が広いことです。また、ホーム画面を変えたり自分なりの設定にカスタマイズしたり、好みに合わせてアレンジできるのもアンドロイド携帯のメリットです。 スマホの買い替えを検討中なら、iPhoneとアンドロイドそれぞれのメリット・デメリットを検討し、自分にとって使いやすいもの、必要な機能が充実しているものを選ぶとよいでしょう。


▼▼ 関連サイト ▼▼
毎日使うスマートフォンですので、故障してしまうこともあります。特にiPhoneは専門の知識が必要なため、修理店舗へ依頼することが一番良い方法と言えるでしょう。こちらはiPhoneの修理を行っている店舗の一つですので、参考にしてみてはいかがでしょうか … iPhone修理店


Copyrightc2017iPhoneの選び方All Rights Reserved.